ジアミンは不使用です

マイナチュレ カラートリートメントは「ジアミン」不使用です!

 

白髪染めは、かゆみやかぶれなどを気にせずに使いたいですよね?注意したいのは「ジアミン」が含まれているヘアカラー剤です。ジアミンは、特にアレルギー反応を起こしやすい物質であると言われています。

ジアミンとは?

ジアミンとは、酸化染料と呼ばれている一群の染毛成分の中で、特にアレルギーを発症する頻度が高い「パラフェニレンジアミン」を略した酸化染料の俗称です。酸化染料が原因となって起こるアレルギー性接触皮膚炎のことを一般的に「ジアミンアレルギー」と呼んでいます。

ヘアカラー剤(白髪染め)の多くには、ジアミンが含まれています。ヘアカラー剤に使用される酸化染料の中でもアレルギー発症の報告例が多い染料が、パラフェニレンジアミン、硫酸トルエン-2,5-ジアミン、パラアミノフェールです。

 

マイナチュレ カラートリートメント(白髪染め)は、ジアミン系染料(パラフェニレンジアミン、硫酸トルエン-2,5-ジアミン)は使用していません!ジアミンの他にも合成香料、シリコン、鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤、サルフェート、法定タール色素の8種の余計な成分は不使用です。髪と頭皮に負担なく安心してご利用いただけるよう無添加処方にこだわっています。

 

マイナチュレ カラートリートメント

 

3種の厳しい審査テスト済み!

マイナチュレ カラートリートメントは、さらに安心してお使いいただくために、無添加に加え、「パッチテスト」「アレルギーテスト」「スティンギングテスト」の心配されている方が多い3つの項目に対して、厳しい審査を実施しています。

パッチテスト」とは、単回使用による皮膚の炎症反応の確認するテストを言います。カラートリートメントをガーゼ等に浸み込ませて皮膚に張り、24時間後、貼布部位の赤みや腫れなどの反応を観察し判定します。

 

アレルギーテスト」は、RIPT試験(累積刺激及び感覚試験)」を行い、カラートリートメントを一定期間連続塗布し、それを数回繰り返し、皮膚の反応を検査することで、カラートリートメントを継続使用した時に、アレルギーの症状が出るかどうかを判断します。

 

スティンギングテスト」とは、敏感肌の方を対象にした感覚的な刺激の確認するテストを言います。敏感肌の方の皮膚にカラートリートメントを塗布し、一過性の痒み・ほてり・痛みなどの不快となる感覚刺激を評価します。

※評価・判定については、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が行っています。※全ての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないという事ではございません。

 

マイナチュレ カラートリートメントは、毛髪内部で化学反応を起こして髪を染める、白髪染め(薬剤)ではありません。植物由来原料を約94%使用した、髪や頭皮のダメージにならないばかりか、ケアをしながら白髪を染めることができる画期的なオールインワンカラートリートメントです。

公式サイトはこちらから↓

【マイナチュレ カラートリートメント】